最初で最後の合コンは大波乱!

私自身、オフパコに参加した経験は後にも先にも一度きりです。

その参加したオフパコもまさかの幹事をまかされてしまったんです。

事の発端は、会社の同期に「誰か女の子を紹介して欲しい」と言われたことがきっかけです。

元々学生時代の友達は多かったこと、フリーの子が多かったことから、その同期の男の子と一緒に幹事をし、オフパコを開くことになりました。

同期からは5対5のオフパコを提案されていたので、私も友達5人に声を掛けたのですが、そのオフパコの日に予定があるといって2人から断られ、結局参加してくれる友達が当日他に女の子を連れてきてくれるとのことに。

とりあえず人員は確保できたのでホッと一安心。

けれども当日オフパコへ行く前に参加者の女の子で待ち合わせをしたら、なんと女の子が私を含め全員で7人だったんです。

どうやら人員を確保してくれると言っていた友達が予想以上に敏腕で、予定以上の人を集めてしまったんです。

せっかく友達が連れてきてくれていた人たちに帰ってくれとは言えません。

そのまま男の子たちとの待ち合わせ場所に向かい、事情を話すことに。男の子たちは女の子が多い分には気にしないとの事で、OKしてくれました。

オフパコの会場となるお店に向かう際、女の子通しでサインのやり取りの話になりました。

タバコを吸ったらオフパコ相手に気に入った人が居ないとのこと。なるほど~、そういうやり取りがあるんだなとちょっと面白く感じていました。

会場に着くと、男性が先に席についたのですが、男女隣り合わせとなるような位置に全員が陣取り、間に女性が座らなくてはならない状態に。

傍目から見てももう明らかにオフパコといった席順になっていました。

これを見た女性陣はドン引きでした。

途中からそのような座席になるのなら別ですが、最初からそのような位置取りに納得がいかなかった様子です。

友人は席につくと早速タバコを吸い始めました。まさか席についてすぐに吸い始めるとは、私も予想外でした。

女性陣は人数的にも男性を上回ってしまったこと、最初からオフパコがハズレだったということからか、男性陣とはあまり話をせず、女性同士で話しながら盛り上がってしまい男性陣そっちのけでした。

軽く同窓会状態に。私は一応幹事だったので、気を遣って男の子と話をしようとは思っていましたが、その場の風景を見るとドッと疲れが。

男性に気を遣い、女性に気を遣い、オフパコを楽しむという雰囲気は全くありませんでした。

それでも一応2次会まではありましたが、2次会も相変わらず女性同士で盛り上がり、結局途中で解散となりました。

同期にはその後「色々勉強になりました」と言われ、結局二度とオフパコのお誘いはありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です