合コンに紛れていたとんでもない男の体験談

私は過去に一度だけオフパコと呼ばれる物に参加しました。

会社で配達のお兄さん(以下S君)にお互いの友達呼んでオフパコしようと言われ、私は幼なじみ二人(AちゃんとCちゃん)と参加しました。

向こうも幼なじみを二人(B君・K君)を連れてきたので、三対三でした。

一次会は、近所の居酒屋に行って自己紹介をまずはして、飲み会がスタートしました。

男の人たちは私達より年上だったので、すごく気が利いてまんべんなく皆が話が出来るようにしてくれていました。

二次会はカラオケに行って楽しく歌って来て、私は元々彼氏を見つけるために参加したわけではなく、会社のS君に彼女が出来るように考えた会だったので、二次会で失礼しました。

それでも家まできちんと送ってくれたので、年上は違うなぁと思いました。

この後は残ったメンバーで夜景を見に行ったとの事でした。

翌日S君からメールが来て、男の人全員がAちゃんがお気に入りとの事だったのですが、向こうもS君に遠慮してAちゃんのメアドは許可を得てS君に教えました。

AちゃんもS君が気になっていたようで、私が間に入り無事に二人は付き合う事になりました。

しばらくしてB君からCちゃんのメアドを教えて欲しいと連絡があり、こちらも許可を得て教えました。

私はてっきりB君がCちゃんの事も気になったんだなと思っていたのです。

Cちゃんもすっかり舞い上がり、一緒にランチしててもB君の話ばかりで楽しそうでした。

二人は何度かデートをしたようですが、そこから進展もなく、なんとB君はCちゃんにお互いの友達を呼んで飲み会をしよう!と言ったらしいです。

飲み会を開いて、その中でCちゃんの後輩を気に入ったらしく、Cちゃんを差し置いて後輩ちゃんに猛アタックをして振られ、さらに後輩ちゃんの友達を紹介してと迫ったらしいです。

なんて最悪なやつなんだと思いました。

後から考えたら、最初からB君はCちゃん狙いではなく、さらにCちゃんの友達を紹介してもらうのが目的で近づいたのではないかと思います。

なんだかこの話を聞いて、Cちゃんをオフパコに連れていかなければこんな思いをさせなかったのになぁと反省し、謝罪しました。

Cちゃんは私は何も悪くないし、相手の目的に気づかない自分が悪いから、気にしないでと言ってくれてとても反省しました。

この件以来、大事な友達は男性に紹介してと頼まれても紹介はしない事にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です